屋根塗装

屋根は雨・風・紫外線を直接的に受けているため、外壁よりも劣化が進みやすい箇所。
気付かぬうちに、ヒビ割れが起こり、その隙間から雨水が浸入してしまう恐れもあります。

普段見る機会がない分、定期的な点検と塗り替えが必要。
雨漏りによって家の構造自体が腐ってしまい、大規模な修繕が必要になったケースもあります。

タイミングは10年に1度と言われていますが、使用する屋根材や環境によって年数は異なります。
3~5年何もされていない場合は、一度点検だけでもご依頼ください。

屋根塗装の役割

1.防水性の復活
屋根に求められることは、何よりも高い防水性があること。
塗装の際は、傷んだ部分を補修して下地から塗り直しを行います。

2.断熱性の復活
エアコンの効きが悪い、2階の部屋だけが暑い…などの現象は、屋根の断熱性が失われている可能性があります。
塗り替えで太陽の熱をカットし、心地良い空間を取り戻します。

こんな時は塗り替えが必要です

「屋根塗装のタイミングが分からない…」
そんな方は、以下の項目に当てはまるかチェックしてみてください!

  • □屋根材が欠損している
  • □釘がゆるんで浮いている
  • □屋根が反ったり、ズレたりしている
  • □苔、藻が生えている
  • □触ると、手に白い粉がつく
  • □雨漏りをしている
 
ひとつでも当てはまったら、塗り替えサイン!
雨漏りは害虫発生などの二次被害も招くので、お早目に工事を検討ください。

一覧に戻る

▲TOPへ